がー助君の日記


by miita06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017年 08月 06日 ( 1 )

夏祭り

夕方までに原稿を完成させて編集にデータ送信。そのまま床屋行って、ついでに何か食べようと思って繁華街にいく。週末とは言えやたらと人が多いなと思ってたら夏祭りだった。
いつもはいろんな飲食店があるような気がしてたんだが、いざ店を探すとなかなか見つからない。チェーン店とかファーストフフード店ばっかだ。おまけに祭りなもんで、やっと店見つけても入店すると客がすごくて席が空いてない。しょうがないんで普段行かない遠くの商店街まで足を伸ばす。そうこうしてたら人ゴミはますます凄くなって動こうにも動けず周囲は人垣でよく見えず自分が一体どこにいるのかすらわからなくなってしまった。商店街を出ようと思って適当に歩いてたら腹は減るし暑くて汗まみれになるわうるせーわ、すっ転んだガキが僕の膝で頭強打して泣き叫ぶわ、路上に座り込んでパンツ丸出しでトウモロコシ食ってるギャルはいるわで結局1時間くらいうろうろしても出口は見つからず力尽きてしまった。恥を忍んで交通整理してるおじさんに道を聞くと、何の事はない一つ道を曲がると出口だった。
繁華街を抜けたところにある餃子屋に入る。そこも満員だったが狭〜いカウンターが空いてたんで何とか席が確保出来た。予定にはなかったが疲れたんで取り敢えず餃子とピータンを肴にビールを一杯。餃子は2人前頼んだだけど散々待たされて出て来たのは1人前だけだった。文句言おうと思ったけど1人前食ったら腹いっぱいになったから、まあいいやと思ってたら、帰り際になってからもう1人前出て来た。もう食えねーよ。しょうがないんで包んでもらって店を出る。
まだ時間も早いんで仕事しようと思って喫茶店に入る。2時間くらいやってたらホタルの光が流れて来たんで店を出る。そうか週末は閉店時間が早いんだな。外出てから餃子を店におき忘れてたのに気づいて慌てて店に戻る。もう看板の電気も消えてて入り口も鍵がかかっていた。戸を叩いてたら店の人が出て来て僕の顔を見るなり「ああ、餃子ね」と言って餃子を持って来てくれた。帰り道にあるビデオ屋寄って百日紅ってアニメ借りて帰宅。
家でビデオ見ながら餃子を肴に酒。今日は疲れたぜ。


by miita06 | 2017-08-06 12:53