がー助君の日記


by miita06
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年 09月 11日 ( 1 )

エロマンガ

アシスタントの描いた漫画が某大手エロマンガ雑誌に掲載されたので久しぶりにエロマンガ雑誌を買って読んで見た。
エロマンガ描くのは大変なのだ。たまに描くだけでも結構疲れる男女のまぐわいを毎回大ゴマで描くのは本当に骨が折れるだろう。そのくせエロマンガ家は世間的に肩身がせまい。厳しくなる規制の中で己のリミッターを外すのにも工夫がいる。相当エロマンガを愛していないとエロマンガ家はやっていけない。そういう意味で僕はエロマンガ家は本当に凄い人たちだと思う。
エロマンガの価値は「ヌケる」かどうかで決まる。普通の漫画は脚本の作り込みや矛盾は作品の良し悪しに直結するがエロマンガは直結しない。むしろ話の作り込みはそこそこにさっさとエロシーンに突入する事の方が大事だ。キャラだてに関しても普通の漫画と一律に語れない。なのでエロマンガを評するのは非常に難しい。「ヌケる」かどうかが基準だと言っても、読み手の性癖に左右されるので評価の基準を共有する事が出来ない。
同じような理由でギャグ漫画も評価しづらい。エロマンガとギャグマンガに関しては評価の基準をどう設けていいのか未だにわからない。
久しぶりにエロマンガを見て発見したのは、一時期流行っててネコも杓子もやってた乳首の残像表現がどの作品にも一切描かれていなかった事だ。今はもうやるのはダサいのだろうか。それとも雑誌のカラーにによってやってたり、やってなかったりするのだろうか。
あと児童ポルノ規制が世間で騒がれた時はバッシングを避ける為かエロマンガの女性は軒並み巨乳だったと思うのだが、今回は巨乳から貧乳まで多様な感じだった。
たまにしか読まないのでエロマンガの流行がよくわからない。
米国のAVはモザイクがない代わりに女性本位のエロ、健康的なセックスでなくてはならず、結果として基本陵辱モノ、強姦モノ、ロリモノはない。日本のエロマンガもそっちに近づいていってるようだ。

by miita06 | 2017-09-11 13:51