がー助君の日記


by miita06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

思い出

昔銀座を歩いていて、映画館の前を通りかかったら、入り口のところに
毛皮をきた毛深いおっさんの等身大の看板がおいってあって、その看板
にはふきだしがついていて、「観に来てね!ウパー!!」て書いてあった。
by miita06 | 2009-07-31 05:00

仕事中

e0147221_554367.gif

仕事のあとよっぱらって描いたイラスト。jinroは何と割ってもうまい。

9月で一段落。この歳にになるとどうでもいい。やりたい事はいっぱいある。
時間がない。もうすぐ終わり。
by miita06 | 2009-07-28 05:55

訃報

昨日アシスタントがわざわざメールでミッシェルのギター弾いてる人がお亡くなりに
なられたと知らせてきた。マイケルジャクソンさんがお亡くなりになられた時は知らせて
こなかったのに。多分アシにとってはマイケルさんよりミッシェルのギタリストの訃報の
ほうがショックが大きかったんだと思う。人によって他人の死から受けるショックは
違うという当たり前な現象を改めて感じる。他人の死には人それぞれの距離がある。
かくいう僕もこのように日記を久々に記そうと思ったのはアシがミッシェルのギターの
人の訃報を僕に知らせて、その悲しみをわかちあいたかったように、僕も日記を記す
事で皆さんと悲しみをわかちあいたい訃報を今日知ったからだ。

僕にとって最もフェイバリットなクリエイターの一人、アニメーターの金田伊功さん
が57才という若さでお亡くなりになられた。アニメファンの間じゃ超有名な伝説的
アニメーターだ。ジャパニメーション特有の緩急ある動画技法の礎を作った人。
パースつきまくりの手首カックンでかくばった炎がすんげー動画作る人。
あ、これ金田さんが原画だ!ってすぐわかる人。
数々の作品に名シーンを提供した功労者。天才。銀河鉄道999、
幻魔大戦、地球へ、ゴールドライタン、ヤマト、ナウシカ、ラッキーマン、
あげたらキリがない。銀河疾風ブライガーのOPなんて今みたって最高に格好いい。
僕が若かりし頃この人から受けた影響ははかりしれない。貴殿から沢山の感動と
勇気をもらった。そしてもっとあなたの作品をみたかった。

ご冥福をお祈りします。
by miita06 | 2009-07-24 03:36

仕事あけ

望むと望まざるとにえずトラブルは人生につきもの。面倒くさい。


e0147221_711569.gif

by miita06 | 2009-07-16 07:12

梅雨明け

夜道を歩いていたら、うっそうとした森を携えるお屋敷の塀の上をハクビシン
があるいていた。手の届くくらい近くまで近づいたが逃げようとしない。と
いって飼いならされてるようにもみえない。下手に手をだせばかみつかれそうだ。
猫よりも前足が起用で人間みたいに動かせる。愛嬌があって写真でみるより
かわいい。グフ!ぐふ!ってうなっていた。生まれて初めてハクビシンを生でみた。
写メしようとしたら何処かへいってしまった。

若松監督の連合赤軍という映画をみた。僕はこの事件関連の本や映画
をみるのが好きだ。いつか漫画化したいと思ってたけど、大変そうだ。
今回の作品はいかんせん低予算で、スペクたくるにかけるが、この事件をしらない
若い人にはみてもらって興味をもってもらいたい。本気で革命を信じ、青春を
それに賭した若者がいた事を知ってほしい。
総括と称し何人もの同士を虐殺し、それを正当化する為に小難しい用語と形式ばった
文体で補完する革命家に対し、最後に恫喝する少年の台詞は革命家達とは対照的
に単純明快で簡素な言葉だが何よりも真実と心理を語っていると思う。

新撰組でも武士道という曖昧な理念に反するという理由で、多くの志士が粛正され、その人数は
実務で死んだ人間より多いといわれている。人間はどうして閉鎖的な社会とイデオロギーと
いう条件が揃うとこういった愚行を繰り返すんだろうか。若くして、死んだ人たちが
哀れだ。

ひと仕事終えて、あたらしく明日から原稿作業。よくわからない。自分は一体何を
しているんだろうか。






e0147221_645392.gif

by miita06 | 2009-07-14 06:05

麻雀

押切くんは連載が一段落したので麻雀をしまくるんだそうだ。
今月だけで5回くらいやると言っていた。うらやましい。
僕は仕事があるので途中ぬけで参加。ぼろくそに負けた。正確
にいえば大負けはしていないがたいして勝ってもいない。
これの繰り返しが大負けにつながったのだ。
どこかでドカンと大勝しないと結局ウマがつもって
、気がつけばちょっとづつついたマイナスが山積みになって
勝つ事が出来なくなるのだ。
まさに僕の人生のようだ。僕はいつも石橋を叩き、危険なもの
は避け、チャンスがあってもうかつに手をださず安全牌を切る。
リスクのない勝負は存在しない。最初から解っている事だ。
きっと沢山チャンスを逃しているのだと思う。


e0147221_15351748.jpg

by miita06 | 2009-07-06 15:39