がー助君の日記


by miita06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

悪夢

親父が死んだ夢を観た。親が死ぬとやはり悲しいのか
夢の中では号泣していた。実際死ぬと泣くのだろうか。
まあ死んでみないとわからないが。
もう一つ夢をみたが壮大な夢で、サスペンスアクション
だった。内容も複雑でいろんな映画からネタをぱくって
出来ている映画のような夢だった。起きた当初は詳細に
記憶していたのだが、今はかなり記憶があいまいに
なっている。何せ映画にしたら1時間半はありそうな
内容だったから。次回まだ記憶にあるようなら日記に
書きたいと思いう。
by miita06 | 2010-09-23 23:52

よふけ

ここんとこ毎日ネームざんまい。なかなかすすみません。
しかし朝起きる生活を心がけているので、どんなに仕事が
途中でも1時か2時には寝ます。ただネームなど頭を使う
作業をしてると脳みそが興奮してなかなか眠れず、ネットを
肴にお酒を呑んだりして、寝るまでに緩衝時間をもうけます。
ただお酒のみすぎると記憶が飛んでしまう事があります。
翌朝起きてネットで何をみてたか調べると昨晩の場合は
動画サイトでフランダースの犬の関連動画を延々と見続けた
あと、子連れ狼の関連動画を延々と見て、そのままパソコン
つけっぱなしで寝てしまったようです。どういう流れで
そういう物を観てたのか全く記憶にないので不思議です。
by miita06 | 2010-09-19 11:09

財布

帰郷して炎天下二泊三日実家の仕事を手伝い、それから新幹線で
東京へ戻る。帰宅してから財布を紛失している事に気づいて愕然
とする。財布を落としたのは何年ぶりだろうか。とりあえずクレジット
カードを止める。財布を落として一番不安になるのはお金よりも
免許証や国民保険証などの身分証、ビデオ屋のカードやキャッシュ
カードなどの再交付にかかる手間と時間だ。とくに免許証は写真を
撮ったり、戸籍謄本を作ったりして、それから交通の不便な府中の
自動車教習所まで手続きに行かなければならない。この忙しい時に
この地獄のような炎天下それら全てをしなければならないと思
うと気が重くなる。お金はもってっていいから、そういうカードや
身分証だけでも届けてほしい。駅に電話するがいきものがかりじゃ
なくて忘れ物係が6時をすぎると終了してしまい確認が出来ない
のでいらいらする。財布は無事届いているのか、誰かが持っていった
のか、いろんなシュミレーションをしてしまう。いっそ首つったろ
かと思うくらい憂鬱だ。全くなんと面倒臭い世の中なのか、そし
てなんと浅はかな自分なのか。どうして世界は1999年に滅ん
でおかなかったのか。世紀末以降ものうのうと繁栄しつづけ、愚
かな戦争を繰り返しては地球に寄生虫のようにはびこる人類に怒り
を憶える。財布さえ落とさなければこんな事にはならなかったのに!
世界は平和だったのに!
てな感じで悶々として結局オナニーも一睡も出来ないまま夜をあかし
翌日朝一でいきものがかりじゃなくて忘れ物係に電話。はたして、世の中は
捨てたものじゃないないもので僕の財布は無事届けられていた。
新幹線の座席に落ちてたらしい。東京につくとメンテナンスが入
るから、その時清掃のおばさんがみつけたんだと思う。財布の中身も
全部揃っている。現金くらい手間賃代わりにもっていけばいいのにと思う。
おまけに忘れ物係のおじさんは東京駅まで財布取りに来るのが面倒なら着
払いで送ってくれるという。なんと気配りの利いた仕事っぷりだろうか。
やはり人間は素晴らしい。日本人は素晴らしい。日本じゃなければこう
はいかんだろう。いくのか?外国住んだ事ないからわからない。とにかく助かった。
おめでとう!おめでとう!僕はここにいていいんだにゅ。世界はよく観ると
美しい。
by miita06 | 2010-09-12 19:09