がー助君の日記


by miita06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

AI

僕の面倒を見てくれてる税理士さんはマメな人で月1回直に会って打ち合わせをしてくれる。年齢が近いので共通の話題が多い。特にこの税理士さんはオタクで、アニメ、映画、小説、深夜ラジオ、ミリタリーに造詣が深い。いい大人がこう言う話題で盛り上がってると、時代は変わったんだなと思う。昔の大人は漫画とかアニメの話なんかしなかったからね。僕も大人になったら漫画とかアニメなんて興味がなくなって、ご近所の話とか政治の話ばかりするもんだと思ってたが、いい年こいたおっさんになってもガキの頃としてる会話の内容が変わらないので驚いている。
税理士さんと話してて面白いのは映画好き同士なのに観てる映画が全くかぶらない事だ。税理士さんは刑事物の小説や、どちらかというとラノベ系の軽い小説が好きで、これらを原作とした映画や、テレビ局主導のドラマの映画化したものを好んで観ていて、僕の観ている映画と全くかぶらない。逆に言うと僕も気がつかないうちに偉く選り好みしたチョイスで映画をみてる事がわかる。

AIって言えばSFの定番のガジェットで、思わず僕も女子攻兵で使っちゃいました。この前映画にもなってたアランチューリング博士のチューリングテストが有名ですが、ホーキング博士が言うにはこのままAIを開発し続け、実用化すると、いずれ人類を脅かす驚異の存在になるらしい。AIと言っても色々の学派の色々な定義があるらしいですが、人間の手助けをする装置だと考えるなら究極的にはより人間的な感覚を持った性質の知能に限りなく近づいていくんだと思う。そうなれば、ある側面においては人間の性能を凌駕するのは必然。なんせ不眠不休で働けるし、記憶力とデータ分析においては人間より利口だ。実用化するなら、例えば電話のオペレーターなんかだと便利そうだ。お客様苦情窓口でもいいし、僕が先日電話したマックの相談窓口なんかもいいと思う。録音したテープの概要に沿って番号を押し続けてオペレーターに繋がるまでの工程がもっとスムーズに的確にやれると思う。つうかオペレーターもいらん。出会い系サイトのサクラもこいつらに任せればいいと思う。また個人的に使うなら税理士さんも必要ないね。SIRIみたいなソフトに会計ソフトくっつければこっちの要望を聞きつつ的確に財務管理もしてくれそうだ。一般にこの装置が普及するならそんな感じだろうか。つまり実用化初期の段階ではこう言った仕事はことごとくAIに乗っ取られて無くなってしまうだろうという事だ。要は人件費削減にはもってこいの装置で、企業家は利率よく稼ぐ事が出来る。そんだけ。あまり夢のある話ではないな。アニマトリックスじゃ労働者がロボット排斥運動をしてたが、実際は企業家と労働者の階級闘争になるんだと思う。AIによってロシア革命の時代まで逆行する可能性がある。もちろんそれなりの規制は敷かれるだろうが、現在のビッグデータやネットインフラによるシステムラインの簡素化や、ネオコンの台頭、TPPなどのグローバリズムの浸透率を見てると、あんまり甘く考えない方が良いと思う。
ぶっちゃけそんな事はどうでもいいんだ僕は。夢のあるAIの未来像っていうのはこういう感じじゃなくて、やはり可愛い容姿の女性型アンドロイドでしょう。冷蔵庫にAI積んだっって寒いよ〜とか言うだけだし、洗濯機に積んだって目が回る〜ってグチ言うだけだと思う。女の子型アンドロイド作んなきゃ。火の鳥2772とかブレードランナーに出てきたようなやつです。僕が危惧してるのはアンドロイドの頭に入ってるAIではなくて容姿です。いくら機械の頭が良くなったって容姿がリアルじゃなきゃお話にならない。どっからどう見ても桐谷美玲とか、どっからどう見ても石原さとみのアンドロイドじゃないと。今の女性型ロボットは殆ど出来の悪いダッチワイフでしかない。あの容姿を何とかするべき。なので夢のあるAIの将来を考えるなら先に人工皮膚の開発を急がねばならない。そして人類はいつの日にか新宿に究極のロボットレストランを作る事になるだろう。

というような話を先日は税理士さんとしていました。
by miita06 | 2015-12-28 12:21

速度

お久しぶりです。
うちにはパソコンが2台ありまして、メインで使ってるパソコンをハードディスクの交換をしてもらう為に業者に預けておりました。その間もう1台のパソコンからブログに書き込もうとしたら、パスワードを忘れてて更新出来ずじまいで、昨日メインのパソコンが戻ってきて、こうして今日やっと書き込んでいる次第です。メインのパソコンが不在だった間サブのパソコンでネットとかしてたんですが、バージョンが違うし、ブックマークはしてないしで、最初は扱いづらくてイライラしてたんですが、そのうち馴れて来ると案外平気になってくる訳です。んで、ひさびさにメインのパソコン触ってみると、今度はこっちが使いづらい。人間馴れッて大事ですね。あとIPADも壊れちゃって、機種交換しました。新しいIPADは初期化した状態だったのでICLOUDにとって置いたバックアップを戻す手続きをしたんですが、これが全然出来ない。サポートセンターに電話したら、これまたたらい回しの連続で数時間。結局何回もICLOUDにアクセス失敗したのでロックがかかってしまい、ロックが解除される明後日まで何も出来ない状態になりました。もうね機種が新しくなるたびに、バージョンが更新されるたびにトラブルが起きて大変な目に会うのが恒例みたいになってます。
世の中便利になるのはいいんだけど、速度がはやすぎてついていくのが大変ですわ。
by miita06 | 2015-12-27 16:38

社会福祉制度?

僕はよくファミレスで仕事してるんだけど、昼間から酒のんでぷらぷらしてるおじさんを見かける。彼は精神病を患っているそうで、障害者年金などの国から出される保証金のみで生活しているらしい。とは言え端から見てると別に働けないほど酷い状態には見えないし、働くのがキライで、大した贅沢せずとも平気な僕からすると仕事もせず昼間からファミレスで飯喰って一日中酒飲んでいられる彼を少し羨ましく思ったりする。そんな彼が長髪だった髪を切って何枚も履歴書を書いているのをみた。どうやら働く気になったようだ。なんで突然働こうと思ったんだろうと考えてみると、そういえば最近安倍さん国庫の経費削減の為に社会福祉保証の見直しをするとの見解を示していたんだと思い出した。審査が厳しくなれば、このおじさんみたいなぱっと見て、それほど重症でもない人は切り捨てられる可能性は十分にある。おじさんは身の危険を感じたのかもしれない。まあ働かなくてもいいんなら働く必要なんてないとは思うけど世の中的には働いてる方が健全だし、ある程度の北風政策は人に活力を与えるのかもしれない。よく言えば社会福祉保証を厳しくしたおかげでおじさんは社会復帰をするきっかけを掴めたと言える。例えば煙草の税率ももっと上がる可能性がある。喫煙者からすると大変困る話だが、煙草の値段が一箱1000円とかだとさすがに禁煙せざる得ない。結果として煙草を止められるとてもよい効果が得られる訳だ。なので僕からすると、どうせ煙草の値段あげるなら一気に10000円くらいあげてほしい。物事の政策には一長一短があると思う。
とは言え我が国の社会福祉保証制度には不可解に思う点がある。またファミレスの話で恐縮だけど、よく行くファミレスの店はビルの中に入ってさらにファミレスの入り口あるのでビルの入り口とファミレスの入り口の間にはちょっとした踊り場のようなスペースになっている。夜遅くまでそこのファミレスで仕事をして帰宅しようと店を出ると、その踊り場にはいつも変なオバさんがいるのだ。そのオバさんは大きめのバッグを持っていて、腰かけるのに丁度いい段になっている所に座って一人でブツブツ言ったり、奇声をあげたりもがいたりしている。何だか見えない敵と闘っているようだ。オバさんは明らかに統合失調症という病気だ。勿論あんな状態じゃ働く事は不可能。帰る家がないから夜風を凌げるこの場所に朝までいるんだと思う。当然彼女には世話してくれる家族や知人もいないはずだ。社会福祉制度というのはこういう人の為にあるんじゃないのか。どうして行政はおばさんをほったらかしにしているのかがわからない。ちゃんと役人が宿泊させる施設に連れて行って、しかるべき治療をし、世話してあげるべきだ。このおばさんはほったらかしなのに、このおばさんより遥かに軽症なおじさんが優雅に毎日ファミレスで飯くって鼻歌唄いながら日中から酒のめるような高待遇を受けれているのはなんでなのか。ネット民の意見は生保とか障害者年金の見直しには賛成が多いようだ。理由としては、このおじさんみたいに働けそうなのに働いてない奴が気に喰わないからという事みたいだけど、予算を縮小したところでおじさんが昼間から酒が呑めなくなって、ざまあみたいな感じでネット民の溜飲を下げる効果だけしか生まず、おばさんがほったらかしにされてる状況は変わらない。僕はそんな事より本当に社会保障が必要な人の社会的救済に予算を的確に使うべきだと思うんだけど。
by miita06 | 2015-12-16 23:08

うーん

1時間とかじゃ無理。やり方かえんと。
e0147221_11561681.jpg

by miita06 | 2015-12-13 11:56

サイン

新刊が出るにあたり、書店に配る本80冊にサインを入れた。サインだけじゃつまんないだろうと思って即興でイラストも描いた。だいたい終わるまで休憩も入れて3時間ほどかかったので、1冊あたり2分くらいで描いた計算だ。絵を描くのにも野球の投手が肩を作るのにウォーミングアップが必要なのと同じで、いつもの調子で描けるようになるまで暫くかかるし、上手く描ける時間帯とそうでない時間帯があったりする。下書き無しでいきなり描くんで調子悪くなってくると己の悪い癖が出て、なかなかデッサンの修正が出来ない。トータルで見てみるとまあ、何とか合格かなと思う絵は五枚に1枚くらいな感じ。本当なら合格した物だけ書店に配りたいところだが、雑誌社にそんな余裕はない。なので当りのイラストが入ってる本を買うお客さんとはずれを買うお客さんがいる事になり、申し訳なく思う。もうちょっと上手く描けるようになりたい。僕はどうも人前に出るのが苦手なもので、サイン会を殆どやった事がないけど、誰か漫画家のサイン会にいくのであれば、最初の方に並ばないほうがいいと思う。肩が出来てきて作家の体力、気力が充分な中盤あたりだと良い絵を描いてもらえる確立が高いからね。うん。
by miita06 | 2015-12-12 23:18

時間制限遊び

e0147221_3214249.jpg
二時間かかった。1時間くらいで描きたいなー。
by miita06 | 2015-12-09 01:23

無職

さて、取りあえず連載が終わった。
今リイド社でやる短編の作業やってるけど、それもそろそろ片付きそうだ。
んで次の仕事だけど、今のとこ未定。予定がなんもないわけじゃないけど
具体的なとこまでいってない。なのでそいつが決まるまでは僕は無職なのだ。
僕の職業は困った事に仕事の依頼があってもアイデアがでなきゃやりようが
ない。いろいろやりたい事はあるんだけど雑誌社の意向にあわないとやらせて
もらえない。僕はちんたらやるほうがいいので追い込まれるのは好きじゃない。
近所に変なおっさんがいる。その人は多分若い頃はヒッピーとかロッカーやって
ただろうなっつう感じのファッションで、僕がファミレスにタムロしてると
頻繁にみかける。日中から酒のんで夏場だと店員に「暑いからもっとクーラ=
効かせろ」とか偉そうにクレームつけたりしている。たまたまそのおっさん
知ってる人がいて、その人が言うにはそのおっさんは働いてなくて、障害者
年金と生活保護で働かず飯はファミレスで、夜はバーで酒飲んで生活してる
そうだ。はっきり言って羨ましい。僕もそういう生活を送りたい。
僕は何で働いてるんだろうか。多分やりたい事しかやりたくないので働いて
るんだろう。幸か不幸かやりたい事が仕事なもんで。
正月はスターウォーズでも観に行こうかと思う。
by miita06 | 2015-12-08 13:57

スターウォーズ祭り

夏はがっつり進撃の巨人祭りを堪能したわけですが、さて、スターウォーズ祭りはどうしたものか。第1作目エピソード4が公開されたのは1977年だから僕が7歳の時だ。親は貧乏だったからか教育上の方針からか映画館には殆ど連れてってくれなかったんで、実際これをちゃんと観賞したのは高校生くらいの時に何処かの公民館でネバーエンディングストーリーか何かと同時上映してたのを観たのが最初だったと思う。面白かったんだけど、やはり公開当時タイムリーで祭りに参加してなかったせいか所謂スターウォーズマニアの人たち程この作品群に思い入れを持てないでいる。近年になって製作されたエピソード1以降のも一応全て観てるけど、4の時のような興奮はなくて、何となく惰性で観てるといった程度。そんなに面白いとも思わない。高校の時おたくの友人に「第1作目は実は物語の4番目の話で、全部で9作あるんだ」などと蘊蓄を聞かされた時は、あまり関心しなかった記憶がある。確かにそういう裏設定の懲りようとかはオタク心をくすぐるのかもしれんが、なんだか作為的で商売上手な商人根性が見え隠れしてしまって僕的には楽しくないのだ。強いて言うなら初回の連作4から6が一番好きなシリーズだけど、これについてもいろいろ文句がある。とくに嫌だったのが6。惑星エンドアでは反乱軍がイウォークという小熊みたいな原住民の協力を得て帝国軍と闘うシーンがあるんだけど、もの凄い違和感がある。だいたいイウォーク達は戦争とは関係なく平和に暮らしてた人たちなのに戦争に巻き込んだのは主人公達で、イウォークが無知なのをいい事に彼等が神と勘違いしているC3POの己の都合のいいヨタ話にオルグされて(というか神に命令されれば従う)やらなくてもいい戦闘に参加させたおかげで多くのイウォークの戦士達が犠牲になっている。もし戦争に負けた日には帝国軍の報復で彼等がどんな酷い目に会うか、考えただけで恐ろしい。そのリスクを考えるんなら主人公達は彼等を戦争に巻き込むべきではないんじゃないのか。結局そういった戦争の複雑な背景はイウォークのかわいらしさと勧善懲悪的な単純なロジックで片付けちゃってるのが何だかなーという感じだ。何回観てもラストに戦勝パーティーで無邪気に喜んでるイウォーク達に「騙されるな!」と叫びたくなる衝動に駆られて仕方がない。でも我が軍が勝つ為なら無辜の土人がいくら犠牲になっても正当化されるという思考が正義だと言いたいのなら、それはそれで戦争の不条理を体現してる恐ろしい作品だと逆に言えるかもしれないな。とにかく今月は過去作品をもう一度全部見直してみようと思う。んで何だかんだ言って劇場に足運んじゃうんだろうな。
by miita06 | 2015-12-02 15:44