がー助君の日記


by miita06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ご報告

十二月十日の未明に牧師にして漫画家、シンガーソングライターにしてモデルという意味不明な肩書きを自称する僕の兄である松本太郎が急逝いたしました。享年52歳です。死因は何とびっくり今のところよくわかりません。「翌朝起きてこなかった死」とでもいいましょうか、とにかく死んでたそうです。よく分からないので警察は三重大に検死を依頼したそうです。僕なりに死因について考えてみましたが、まず自殺に関して言うと状況からはありえないと思うのです。自殺するほど思いつめた人間が死ぬ直前にあんなどうでもいいようなしょーもない内容の文章をブログに書くでしょうかね。二十四日にはクリスマス礼拝でバンド演奏を音楽仲間とやる予定で、久々の音楽活動という事で本人も至ってはりきっており、珍しく真面目に練習に打ち込んでおりました。死ぬ前の晩にもバンド仲間と死んだ当日にする予定だった練習内容について電話で打ち合わせをしていたそうです。これらの状況を見ても自殺は考えにくいです。検死の結果胃袋には適量の睡眠薬しか見当たらなかったそうです。他殺に関しては、外傷が全くありません。検死から窒息した様子もないようで、そもそも他殺なら犯人は同居している母親ということになりますが、こんな完全犯罪を行えるような能力や動機も母親にはありません。消去法でいくと残るは事故死という事になります。確かに兄は酒を飲んでから手のひら一杯の睡眠薬を飲むという生活をここ10年以上続けており、性同一性障碍という事でホルモン注射を受けておりました。ただ定期健康診断ではたまに肝臓の数値が悪い事がある程度で、心臓に負担のかかるような肥満体でもなく持病も特にありません。突然死するほどジジイでもないです。警察が言うにはもしかしたら薬の飲み合わせが原因かもしれないという事でした。確かにいろんな種類の睡眠薬を一度に大量に服用していたので酔っ払って間違って医者に言われた組み合わせとは違うブレンドで服用してしまったのかもしれません。でもそんなんで死ぬかね?そんな危険な組み合わせがあるなら医者から事前に注意されるはずだし、そんな組み合わせの薬をそもそも医者が処方するでしょうか。もししてたとしたらその医者の処方の判断には大いに問題があると思いますけどね。警察では検死の際に採血したサンプルの分析結果がまだ出ていないので、それが出れば死因となった薬の成分がわかるかもしれないという事です。

そんなわけでうちの兄貴は最後の最後までわけのわからない感じでして、近親者の立場としては迷惑せんばんでしたが、端から見てる他人からすれば面白い事このうえない生き様なので、個人の追悼の意味も込めてブログで兄についての記事をシリーズであげていこうかなと思っているところです。


by miita06 | 2016-12-17 11:24

満喫

今日は原稿が早く出来たんで夜からお出かけ。駅前の寿司屋で夕食、それから漫画喫茶で読書しました。
寿司屋は回転してない寿司屋だけど、時価とか値段が表示されてない程立派ではなくて、一応皿の色で値段が分かる仕組みになってる程度の店です。それ以上立派な店でも僕のような幼稚な人間の舌では同じようなクオリティの味にしか感じないし、値段的にもこの辺りが中産階級身分には妥当な贅沢ではないでしょうか。幾つかネタを注文した後に1皿につき2カン乗ってることに気づいた。なので当初の予定より2倍の寿司を食う羽目になって腹がパンパンになりました。
満喫に行くにあたり、前々から読んでおこうと思った作品をメモしておいたのですが、半分くらい置いてませんでした。当然のように僕の新作も置いてありません。ある作品については店に設置してあるパソデバイスで検索すると、表示はされるものの本棚を探しても見当たらないので店員に聞いてみると、予定では入荷されているはずなのだが、角川出版の作品については意図的に出版社が入荷を遅らせたりするそうで、こういう手違いが起きるらしい。意図的に遅らせるってのはどういう意図なのかよくわからない。角川は新刊をすぐに満喫に置くと本屋の売り上げに影響すると思っているからでしょうか。入荷次第連絡するので連絡先を教えてくださいと言われる。う〜んそこまでして満喫でその漫画を読みたいわけではないのだが、取り敢えず携帯の番号をメモして店員に渡す。
因みに今回も新刊や話題作なんかの1巻だけを片っ端から読破。今回のベストワンは「僕たちがやりました」です。めちゃくちゃ面白かったです。1巻のラストは腹抱えて笑いました。映画業界はビリギャルとか映画化してないでこれを映画化してください。

この歳になってと言うかこの歳になってからなのかよくわからないけど、己の漫画の趣味というのが何となくわかってきた気がする。どうも異世界モノファンタジーはダメらしい。多分僕がゲームにはまらなかった事と関係してるような気がする。あと謎の侵略者が突然やってきて地球を滅亡させて残された人類がオーバーテクノロジーとか使って戦うやつ。この雛形は随分昔からあるので、ネタ的に出尽くした感があるんだろうか。「またか」という冷めた感覚が先行してしまって作品ののめり込めない。昔は嫌いじゃなかったと思うんだけど何ででしょうか。あまり惹かれない。
あと満喫の空気の悪さを何とかしてほしい。あそこいると体調悪くなる。

by miita06 | 2016-12-11 13:07

最近のオタク

時代は変わったな〜と思う。つまり漫画とかアニメが好きな野郎でもリア充でいられる時代になったという事だ。数年前の話。ファミレスで一人コンテと格闘してた時に隣の席に座っていたカップルの会話。

彼氏はメガネ男子で荻上チキみたいな感じ。ひたすら携帯ゲームに興じる。彼女はおしゃれなワンピを着た美少女。彼氏がゲームやってるので店のナプキンにかわいいウサギのキャラクターとかを上手に描いて暇つぶし中。彼氏はゲーム画面から目をそらす事なく片手間で彼女と会話。

彼女 「ねえ〇〇くん」

彼氏 「何?」

彼女 「私別に漫画読んだりゲームしたりするのも好きだけどさ〜毎回デートの度に
    漫画喫茶に行って一日中漫画読んでるのってどうかと思う」

彼氏 「え?だって君も漫画好きなんでしょ」

彼女 「そうだけどさ〜たまには違うとこに行こうよ〜」

彼氏 「違うとこってどこ?」

彼女 「う〜んとディズニーランドとか!」

彼氏 「行かないよあんなとこ ミッキーマウスとか僕好きじゃないし 君好きなの?
    」     

彼女 「例えばの話!」

彼氏 「じゃあ何処がいいのよ」

彼女 「え〜と、、じゃあ渋谷!渋谷に行こうよ!!」

彼氏 「ああ、渋谷ね わかった じゃあ次は渋谷行こう」

彼女 「本当!?やったー 約束だよ〇〇君!」

彼氏 「うんいいよ 帰ったらネットで渋谷の漫喫探しとくから」

彼女 「。。。。」

すげえ!彼氏のこのブレなさが格好良すぎる。幸せになれよお前ら!!

by miita06 | 2016-12-10 12:46

風邪気味

e0147221_17012034.jpg

by miita06 | 2016-12-09 17:01

美徳

新人アシスタントさんの漫画を見せてもらう。まだ20代前半なので、下手したら僕の子供でもおかしくないくらいの年齢差だ。しかし彼の絵はとても達者で、僕が彼と同年代の時に描いた絵とは比べものにならないくらい上手い。この人が僕の年齢になる頃にはどんな凄い絵を描くのだろうかと思うと恐ろしい。しかし彼曰く、自分くらい描ける奴は周囲にゴロゴロいて、自分がずば抜けて上手いわけでもないそうだ。そう言われてみると漫画に限らずアニメだって、昔なら王様になれるくらい凄い動画を描けるアニメーターが今では名前を覚えられないくらい沢山いる。今の連中が昔の奴らより潜在的に優秀なのかと思いがちだが、多分そうじゃない。昔に比べて短い距離で技術を習得するために必要な方法論と刺激を得られる環境が整っているんだと思う。スポーツに例えるとわかりやすい。陸上にせよ水泳にせよ、大会が行われるたびに記録は更新されていくし、体操ではより難度の高い技が競われていく。これも昔の人間より今の人間の方が身体能力が潜在的に高いわけではなく、何世代にもわたる知識の蓄積からくる合理的な訓練方法を彼らが享受しているからに他ならない。特に昨今はネットが発達して情報化が革命的に飛躍したので容易に技術向上の為の知識を得る事ができる。しかし当然ながら誰でもそれが可能なので苦心したり工夫する事ではなくて合理的に情報収集を行うスマートさこそ必要な能力という事になる。僕のような不器用な人間で根性第一主義の最後の世代から言わせると今はがむしゃらに努力する事よりも無駄な努力をしない奴の方がが勝つ時代という事になる。昔のように遠回りしてでも何かを得るという事がもはや美徳ではないのは確かだ。少なくとも若い人たちはそのやり方で成果を上げているんだから文句の言いようがない。
何が言いたいかというと、趣味の筋トレをする際僕はパワーベルトというのを着用するのだけれど、これは腰に負担をかけさせない為にする筋トレの必需品だ。これは10年以上前から使っているのだけれど、正しい使い方を知ったのは1年ほど前にyoutubeにあった筋トレ解説動画を見てからだ。それまでは何となく腰に巻いてただけで、効果的な使い方を全くしていなかった。細かいニュアンスまでは本屋で売ってるトレーニング指南書には記述されていない。僕がいかに情報弱者で、遠回りをしているかというのを如実に体現している事象だ。確かに遠回りしたっていいことなんぞ殆どない。あったとしても、それは大概無駄に貴重な人生の時間を費やした事に対する言い訳だ。最短距離こそ美徳。そんなわけで今使ってる携帯が壊れたら今度こそスマフォにして、とりあえずラインという未知のソーシャルネットワークを試してみようと思う。

by miita06 | 2016-12-04 13:55

師走〜

e0147221_12171952.jpg



by miita06 | 2016-12-02 16:56