がー助君の日記


by miita06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2017年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

体調管理

ファミレスで仕事してたら昼食どきは客が多くて暖房がガンガンに入ってたので暑いわ酸欠になるわで頭がクラクラしてたんだが夕方になって客が僕一人だけになると、今度は暖房切られちゃって寒くて寒くて上着着てマフラーつけてもまだ寒くてガタガタ震えながら仕事してたら体調おかしくなった。今日は咳が止まりません。締め切り前にこれ以上体調崩したくないな=。
by miita06 | 2017-02-28 11:41

カステラ

僕は高校時代は親元を離れて寮生活をしていた。寮は絶対的な階級制度で1年生は奴隷、相部屋の先輩の使いっ走りをさせられる。先輩のパンツとかを洗濯したり掃除の時間は1年が全部やる。ついで説教タイムが月1くらいにあって、正座させられてどつかれたりする。

僕はその頃悩める青少年だったので、よくわからないが、そういった不条理なシステムも人生修養の一環だと思って、あえて自ら進んで受け入れるようにしていた。そういう事をしてれば何か生きてく上で大事な事を悟ったり、人間的に成長するんじゃないだろうかとか、そういう事を考えていたんだと思う。他の1年生はなるべく3年生との接触を避けて、使いっ走りさせられないようにしたり、あるいは分担して当番制にして先輩のパンツなんかを交代で洗濯したりしていた。

相部屋になった同級生のY君はスポーツ推薦で入学して陸上部に所属していた。帰宅部の僕とは違って青春の殆どを部活に費やしている超体育会系少年だった。こういうタイプの人ってのは悪く言えば筋肉バカで単細胞だが良く言えば変な偏見に振り回されたりしない純粋な価値観を持った真っ直ぐな人間だったりする。暫くしてY君は先輩の洗濯から使いっ走り、掃除の時は皆が嫌がる雑巾拭きを全て進んでやる僕の姿勢に気づいたが、彼は前述したような人格者なので「格好つけやがって」とか「これはいいや、こいつが全部やってくれるから楽だぜ」などといったよこしまな事は思わず、「次郎、お前すごいな。いつも皆が嫌がる事を進んでやってるよな。俺は部活で忙しくて、寮に帰るとクタクタだから次郎が掃除や先輩のパシリをやってくれるからとても助かるよ。」と言って感謝しれくれた。それからある日、「これ感謝の気持ちだ。よかったら食べてくれ。」と言って大きな箱をくれた。中には上等なカステラが入っていた。

僕の行動は利他的な理由ではなく自分自身の為にやっているだけだが、他人に感謝されたり評価されるのは決して悪い気持ちにはならない。修行が良い因果が導き出したような気がしてちょっと嬉しかったりするので、そのカステラを喜んで受け取った。

一人でこんなでかいカステラを賞味期限までに完食する自信もなく、せっかくもらった感謝の気持ちを食い残して廃棄処分にするのもなんだかな~と思い、Y君と彼の陸上部の友人数人とお茶を買ってきて皆で食べる事にした。食欲旺盛な少年達の事だからカステラはあっという間になくなってしまったが、楽しいひと時を皆で過ごすことが出来た。

それから数日してY君が重々しい顔つきで僕のところへ来て「次郎、俺はすごくがっかりしているんだ。あのカステラはいつも世話になってる次郎の為に買ってきたんだ。それなのに他の連中に食べさせるなんてひどいじゃないか。俺の気持ちが台無しだよ。」と言った。

僕は「いやカステラは僕が貰ったんだから、誰かに分け与えてもそれは僕の勝手だし、一人であれだけの量を食えるわけがないだろ。そもそも他の連中と一緒に君もカステラ食べてたじゃないか。」という反論なんかをしてもよかったんだけど、僕は修行中の身で、不条理な事を甘んじて受ける事にしていたので、ただ一言「ごめん。」と謝った。

するとY君は「そんなわけで弁償してくれ。カステラ代4000円なんだけど。」と代金を請求してきたのだが、如何せん僕は修行中の身なので、これまた文句を言わずに一月分の小遣いである4000円を彼に渡してカステラを弁償した。

他人の嫌がる事を進んでやったら誰かに感謝され、その結果4000円を損失したわけだが、これは一体どう言う事だろう。なんの因果かさっぱりわからん。暫くして根気のない僕はこの修行を辞めてしまったが、もうちょっと続けてたら何かわかったのかもしれん。

ブログに書く事なくて困ってる時に使えるネタくらいには人生の役に立ってるのは確かだが。


by miita06 | 2017-02-27 13:16

仕事

左の木が小さい。
e0147221_00531941.jpg

by miita06 | 2017-02-21 00:54

マツケンの殺陣

僕は暴れん坊将軍をよく見ておりました。僕はマツケンの殺陣が大好きだからです。
マツケンの殺陣の様式は本当に気持ちが良いのです。例えば必ずやるパターンとしては一瞬で手前にいる二人の剣を弾き返して、そのまま背後にいる一人を振り向きざまに袈裟斬りして、さらに振り返って手前の二人を斬ります。格好いい!何が格好いいかって、つまり手前の二人の剣を弾いて体勢を崩し、この二人が体勢を立て直す前に最も危険な背後の敵を優先的に排除、さらに振り返って、手前の二人を斬ってるわけで、マツケン素早いだけでなく理路整然とした防御と攻撃をやってるから格好いいのです。これは大多数対一人の殺陣で必ず思う「どうして多数が一人を囲んでいるのに背後から誰も攻撃しないのか?」あるいは「どうして2人同時に斬りかからないのか?」的な疑問を感じさせない工夫なんだと思います。
昔知人で暴れん坊将軍の撮影現場に居合わせた人がいて、その人が言うには、殺陣の打ち合わせは本当に簡素なもので、ほとんどぶっつけ本番のような撮影だったそうです。ぶっつけ本番であの殺陣が出来るっていうのは長年同じスタッフでやっているので、いろんなパターンを皆が熟知しているのでしょうね。まさにプロの技です。
因みに暴れん坊将軍のマツケンは全てみね打ちなので人を殺しません。「出会え出会え〜」とか悪玉の大将が言うと、どこからともなく家来達が飛び出してくるのですが、マツケンに斬りかかり、返り討ちにされても家来達は怪我するだけで死にません。これは人命を尊重するというような人道的な考えをマツケンが持っているからではなく、マツケンは将軍様という高貴な身分なので自らの手を血で汚すような不浄な事はしないだけです。なのでマツケンに加勢する側近の忍びは普通にガンガン殺します。運悪く忍びの方に斬りかかった家来達は死にます。悪玉の大将も側近の忍びがとどめをさします。
あとCGエフェクトが使える時代になってからのマツケンの殺陣には剣と剣がぶつかる時には火花が散るので、これも格好良くて好きです。暴れん坊将軍の場合大概クライマックスの殺陣は夜更けに行われるので、毎回火花のエフェクトをかける事が出来るのです。日中の殺陣ではこうはいきません。
あとこれは気のせいかもしれませんが「カキン!チュい〜〜ん」とかいう刀のぶつかったり弾ける音も他の時代劇より格好良い気がしますが、ありものの音ではなく音効さんがマツケン用にエフェクトして作った音なのかな〜と思ったりします。
そんなわけで毎回再放送の暴れん坊将軍見てたら、殺陣だけでなくマツケン本体の方も好きになってきて、一時期マツケンサンバを聞きまくってたりしてました。マツケンサンバのPVはめちゃくちゃいいですね。あのデカダンな世界観はなんなのだろうか。大奥ダンサーズが凄すぎて頭がどうにかなりそうで最高です。版権管理が厳しいのかPVはネットにはあまり出回ってないようですけど。


by miita06 | 2017-02-18 14:13

お蔵出し

何も考えずに描き始めると収集がつかなくなって途中で放り出してしまう良い例
e0147221_11531806.jpg



by miita06 | 2017-02-17 00:19
歯科助手のお姉さん 「歯の裏側って見えないけど汚れるんで歯磨きの時はしっかり
           磨いてくださいね」

僕         「もが もがもが〜」

歯科助手のお姉さん 「今日って久しぶりに暖かいですねえ」

僕         「もが〜」

歯科助手のお姉さん 「ここ痛くないですか?」

僕         「もが?」

歯科助手のお姉さん 「痛いですか?痛いですよね?」

僕         「もがが!もが〜〜  もが」

歯科助手のお姉さん 「じゃあ 麻酔打ってから研磨しましょうか」

僕         「もが!もが!もがが!もが〜〜〜〜」

歯科助手のお姉さん 「それじゃ麻酔注射持ってきます」

僕          「もががっがもがもがが」

歯科助手のお姉さんが僕の口から研磨機を外して麻酔注射を取りに行く。

僕         「痛くねえっつてんだろが!つうか口に物突っ込まれて
           る状態で質問されても答えられねえんだよ!!」

by miita06 | 2017-02-15 00:01

老眼鏡

今月は色々あって、遅めの原稿に入りました。おまけに2月は日数が短いという理不尽なしきたりなので焦っとります。

いつもの事ですが、初日からしばらくは調子が悪いです。大体4~5枚ペン入れしたあたりから本調子になるのが常。なので1ページめから調子の悪い絵を見せたくないので中盤のあまり目立たないページから描き始めたりしてます。

そして恥ずかしながらついに老眼鏡を眼鏡屋行って買ってまいりました。もうねペン入れしてると細かいとこが全然見えないんです。ちょっと前までは1時間毎に小休止して星空とか見てたら回復してたんですが今やもう追っ付きません。

老眼鏡の効果は絶大で見える見えるまーよく見える。お陰でペン入れが楽になりました。

歳食ったな~。


家では食事毎に調理するのが面倒なんで、あらかじめ野菜を煮た物とお肉を茹でた物を大量に作っておいて、食事の時は冷凍したご飯を解凍、作っておいた野菜と肉を混ぜてプチっと鍋の素を入れて煮て、そこに溶き卵、納豆入れてオジヤを作ります。大体10分以内で出来ます。それを毎食食べてるわけです。

家では基本それしか食べないので減量の時はそれらの量を調節します。食事管理にはとても便利です。あと納豆と卵を入れる事で肉が鳥ささみでも喉越しがまろやかになって、とても美味しいです。

ただオジヤには弱点がありまして、とにかく熱い。僕は猫かっつーくらいの猫舌なので冷めるまでまともにオジヤを口に入れられません。無理して食べると暑くてイライラします。なので冷めるまで待たなければなりません。

なるべく早く冷ましたいのでベランダに5分くらいオジヤを放置してから食べてました。何つったって今の季節寒いですから室内に置いとくより冷めるスピード早いんです。なかなかいい事思いついたと思ってたんですが、最近ベランダに置いとくより冷凍庫に置いといた方が早く冷める事に気付きました。はい。



by miita06 | 2017-02-12 17:44

2016年度映画ベスト10

以前映画マニアの定義というのをとありネット掲示板で議論しているのを見た事があります。結論として年間最低200本以上(映画館で鑑賞するのが好ましい)を見ている事が最低条件としていました。僕の場合平均毎年200本くらい。2016年度は180本程度でした。そのうち映画館で観たのは数本なのでマニアと自称するのはかなり厳しい立場という事になります。

僕は暇なときなんかにその年観た映画のベスト10を決めて遊んだりするんですが、厳密に順位を決めるのはなかなか難しいです。それをあーでもないこーでもないと並び変えたりするのが楽しいわけです。また仕事関係者にも映画好きが沢山いて、彼らも個人で順位を決めて楽しんだり、分析しているので、そういうのを見せてもらったりするのも興味深かったりします。

そんなわけで今回は2016年度観た僕個人の映画ベスト10を上げます。順不同です。

ベスト10にあげるのは新作のみです。旧作入れると往年のレジェンド級の奴らが上位に入ってしまうので外します。あと2016年度公開ではないけどわりかし新作で去年僕が見たものも含まれます。なにぶんレンタルで鑑賞してる場合が多いので公開年と多少タイムラグが生じてしまうのです。

では僕の個人的に良かった映画ベスト10です。



ヒメアノール


神様メール


アイアイム ア ヒーロー


コップカー


シンゴジラ


トレジャーハンタークミコ


アントマン


孤高の遠吠え


マジカルガール


野火


こんな感じです。思ったより邦画が沢山入ってて自分でもびっくり。僕はあまり邦画見ない方だと思ってたんですが、今年は邦画が当たり年だったんようです。あれ、今気づきましたが「この世界の片隅で」が入ってないっすね。う~ん映画の出来不出来ではなくて趣向の問題で僕のベスト10には入らなかったんだと思います。他の列挙した作品を見てもらえばわかると思うんですが、大体ノワール系であとは戦争物とSFファンタジーです。間違っても恋愛モノとか、キー局主導ドラマの劇場版とかはないです。

因みのこの中からベスト1を上げるとするなら、迷いなく「コップカー」です。内容は低予算で地味だからあまり評判ではありませんし、文句が何一つないわけではありませんが、心臓にグサリと来ました。


by miita06 | 2017-02-08 13:29
相変わらず書くことがない。なんかお題をテーマ化すればなんか書けるだろうと思い、今回はダイエットシリーズにしてみた。

リバウンドという不思議な現象はいつから言われるようになったんだろう。リバウンド現象とはダイエットをした後に反動で太ってしまう事、あるいは体質が太りやすくなる事らしい。人間が太るという事は代謝以上のエネルギーを摂取すると余剰分は脂肪として体内に蓄積されるという事だ。詰まり太りやすくなったという事は基礎代謝が低くなったという事とイコールである。基礎代謝を下げる手段は全肉体の筋肉量を減らす以外に方法がない。詰まりリバウンドとは運動不足な状態を意味する。そう考えると運動、とりわけ筋トレをしないダイエットは、その殆どがリバウンドの危険があると言う事だ。逆に言えば筋トレをすれば基礎代謝が上がり太りづらい身体になれる。こう言う理屈から昨今ではジョギングなどの有酸素運動によるカロリー消費ダイエットより筋トレによって筋量を増やし基礎代謝を上げるダイエットの方がリバウンドがないという事でもてはやされ気味だ。また筋トレダイエットを勧める業者の中には1時間ジョギングしたところで消費されるカロリーは、その努力に見合わないほど僅かな量でしかなく、同じ時間やるなら断然筋トレだなどと喧伝してたりする。実際1時間エアロバイクを漕いでもおにぎり1個消費出来るか出来ない程度だ。しかしながら筋トレやってる人なら誰でも知ってる事だが、仕事の合間に筋トレしてるレベルの人は、いくら熱心に筋トレしたところで増える基礎代謝量もまたごく僅かなのだ。ぱっと見「この人鍛えてるのかしら」的な身体の持ち主とパッと見運動してない人の基礎代謝の違いは殆どない。それこそおにぎり1個分あればいいほうだと思う。そんな訳でアスリートレベル以外の有酸素運動や筋トレの量では、それによって痩せれる効果というのはどちらもあまり見込めない。本当のところこう言ったダイエットの為の運動は、あくまでも補助的な機能でしかなく、本質は摂取する食物のコントロールにある。つまり、食えば太るし、食わなきゃ痩せる。そんだけです。その上運動するとより効果的という訳。
リバウンドの正体というのはダイエットをやめて食生活を元に戻せば身体もダイエット前の状態に戻るという小学生でもわかる当たり前な自然現象に過ぎない。言われればわかるんだけど、なぜか何となく理解してない人が結構いる。例えばうちの兄貴とか。僕がダイエットして腹筋バキバキになってんのを見せたら、兄貴が興味を示したのだが、ダイエットをやめると腹筋は元の普通の腹に戻ると説明すると、途端に興味をなくしてしまった。つまり兄貴は一度ダイエットし、鍛え、ブルースリーのような身体になると、その後普通の生活に戻っても死ぬまでその身体で居られると信じていて、元の身体に戻る事をリバウンドだと思ってるらしい。なんでこんな風に思い込んでいるのか?僕は多分ダイエットの広告やトサプリの業者による間違った宣伝文句のお陰なんじゃないかと思う。こう言った業者はありもしないリバウンドという現象を謳い、人が最も避けたいという要求に応えてダイエットの中枢である食物コントロールをおざなりにするダイエット法を喧伝する事で訳のわかんないダイエットロジックを人々に植え付けてるんだろう。
僕は今食べたいだけ食べてるので筋トレしてても普通に太る。まあでも今は痩せようと思っていないのでこれでいい事にしている。またどこかで飯の量を減らして絞る事になるだろう。人によっては今の僕の身体の状態をリバウンドしていると言うのかもしれない。

by miita06 | 2017-02-03 12:49