がー助君の日記


by miita06
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アシスタントを募集します。
希望の方は以下の質問にお答え頂きHPのメールホームからアシスタント希望と
明記の上ご返信ください。
出勤日数は毎月1〜5回程度です。その他の詳細は1次選考合否通達の際合格した
方のみにお伝えします。
締め切りは今月いっぱいくらいの予定です。
最低条件としては東京、東京近郊在住の漫画家を目指している心身ともに健康な方です。
よろしくお願いします。

1次選考質問事項

1、名前、年齢、性別、


2、学歴、職歴、


3、現在在住場所からの最寄りの駅


4、漫画に関する経歴(賞応募経験、受賞暦、作品制作数、描いているジャンルなど)


5、アシスタント経験の有無、年数、勤め先など


6、パソコンによる漫画制作経験の有無、フォトショップの練度


7、趣味について、自分の創作に影響を与えている、あるいは好きな漫画、映画、音楽、小説など






by miita06 | 2017-07-20 11:00

ロメロ監督

本当は昨日あげたかったのですが、ブログのサーバーがメンテナンス中で使えず、本日UPしました。



よく言われるのは、成人するまでの多感な時期に見聞きした物というのは創作者の作品に明に隠に常に多大な影響を与え続けると言われておます。そういう意味では先日お亡くなりになられた巨匠ジョージAロメロのゾンビという映画は僕にとってマストな作品の1本と言って過言ではありません。


ゾンビは多分人生で見返した回数ナンバーワンの映画です。僕がこの映画を見たのは小学生高学年の頃昼間テレビで放映されていたのが最初になります。

結構な部分がカットされていて、グロシーンも全てカットだったんですが、それでも僕には強烈なインパクトがありまして、一言で言うと今までに観たことのない映画と言う印象でした。その後の再放送のたんびにテレビの前に正座して鑑賞、趣味で描いた漫画もゾンビ物、寝ても冷めてもゾンビの事を考え、空飛んでるヘリコプターを見るとワクワクしてました。

中学になるとスプラッター映画特集やってる映画雑誌などを買って情報収集。この作品の監督の事を知り、実はテレビで見た物はカットされたシーンがあった事はこの時点で知りました。高校時代にはレンタルビデオが出来たので、事あるごとにこの映画を借りてはノーカット版を鑑賞。監督の他の作品も当時はレンタルにあったんでそれらも鑑賞。続編の死霊のえじきが公開されると映画館に何回も通って何回も観ました。


確かにゾンビと言う発明はゲーム的にソリッドシチュエーション的に素晴らしく、これを凌駕するホラー設定を考えつくのは至難の技だと思います。僕はゾンビという設定はロメロ監督の個人の所有だと思っていたので、まさか今になってゾンビ物の映画やゲームや漫画が量産されるとは思っていませんでした。言うならばスパイダーマンとかガンダムを勝手に他の作家が作品にしてるような感覚です。僕もベッチンとマンダラでゾンビの設定を入れていますが、やはり何処かに引っかかる物があって本腰を入れたゾンビ物として描く事が出来ませんでした。今後も多分無理でしょう。僕みたいなロメロゾンビに束縛されてるおっさんをロメロ原理主義者と言って今のゾンビ物作ってる作家のファンには侮蔑する人もいるようです。


漫画家になった今ではゾンビという設定よりもロメロ監督の創作者としての思想哲学みたいなものの方が好きです。なのでゾンビが出てこない他の作品でもロメロ監督の一貫した姿勢が伺う事が出来るので大好きです。彼の作品を通して学んだ事はホラーやスプラッターであってもグロやフェチだけでは作品の奥行きがなくなってしまうという事です。うんこ漫画描いてるお前が言うなと言われそうですが、薄っぺらい作品は血しぶきやエロを取ると何も残らず、何度も見返そうとは思いません。薄っぺらいと言いたい事はだいたい口でキャラクターが喋っちゃいます。その場合大概しょうもない事言います。世の中そんなに単純ではありませんからリアリティがないのです。展開も落ちもわかってるのに同じ作品を何度も観ると言う行為はストーリーを追うのではなく作品の裏から何かを読み取ろうとする好奇心に他ならず、それが奥行きと言うベクトルになるわけです。

つまりスプラッター映画だから低俗、エロ映画だからくだらない。文芸作品だから高尚とかそう言う考え方には意味がなくて、どんなジャンルの映画でも奥行きのあるものないものの違いが価値なんだなと、それは超大作でも低予算でも一緒で、低予算B級映画だからと言って「こんなんでいいでしょ」みたいな気概で作られたゾンビ映画見てるとムカつきますし、低予算でもしっかり練られた作品には感心したりもします。これがロメロ監督の映画から学んだ大事な要素の1つです。

こんな事言うのも不謹慎ですが、この機会にクレイジーズとマーティンだけでもリマスターしてブルーレイで出して欲しいです。お願いします。


by miita06 | 2017-07-19 13:08

うんこ

おいおい手加えてきます。何も考えてませんが。
e0147221_21283466.jpg

by miita06 | 2017-07-16 21:28

仕事

放置してた落書き。
e0147221_13564401.jpg

by miita06 | 2017-07-14 13:56

僕が子供の頃住んでた家は鬱蒼とした森に囲まれていた旧家で、夏になると大量の蚊が発生しました。蚊といってもただの蚊ではなく我が国最強の毒性を持つマダラ蚊という蚊で、そいつに刺されると恐ろしい程痒くて患部が晴れ上がり、半袖半ズボンで過ごす子供の僕の手足は毎年真っ赤に腫れ上がっておりました。そういった経験から蚊の毒に対する耐性が強くなったからか、大人になってからは普通の蚊に刺されても全く痒くないのです。大人になると蚊に刺されても痒くなくなるもんだと思って他人に聞くとそうでもないらしいので、やっぱり僕にいは免疫があるのかなあと言う気がします。
そんだけです。



by miita06 | 2017-07-12 14:19

仕事

ううう気持ち悪い。
e0147221_21343807.jpg

by miita06 | 2017-07-11 21:34

弾き語り

夜の駅前でフォークギターで弾き語りしてる兄ちゃんがいて「きっと〜きっと〜いつか〜きれいな〜花が〜咲く〜〜」って歌ってた。
そうかいつか綺麗な花が咲くのか、そらまあ咲く事もあるだろうなあと思ったりして集まってる客を見ると殆どが女性だった。そういえば以前住んでた街の駅前にはキーボードで弾き語りしてる姉ちゃんがいたが、毎回集まってる客は全て男性だった。
これは偶然ではないんでしょうねえ。歌ってるのが男だと女の客が、女だと男の客が集まるのだ。
先日は大友克洋さんと対談させて頂いたんだけど、僕も大友さんも男性にもかかわらず来てたお客さんの8割は男性だった。
漫画と違って、歌はそれ自体が持ってるいろんな要素の集大成としてセックスとの親和性が高く、大昔から大体セットになってるのだ。日本だと貴族はポエム(和歌)で相手を口説いたり、農民には歌垣という文化があって、男女がそれぞれ即興の歌を歌って対戦して男が勝つと女とセックス出来たりするのだ。また盆踊りなんかだと村で一番歌の上手いやつが櫓の上で歌を歌って女の子の注目を浴びる事が出来たそうだ。
そーいえばアイドルだってみんな歌唄うもんね。アイドルの1番の売りはセッックスだからセックスと親和性の高い歌を歌う。漫画とか描かないから。ニューシングルとか出しても新刊出さないもんね。

僕は最近ハードコアパンクばっか聴いてます。一時期アンビエント系エレクトロニカにはまってて、歳食っちゃってもうテンポの速い音楽は聴けないと思ってましたが、そういう訳でもなくて、今はその寄り戻しが来てるらしい。ハードコアにもいろんなジャンルがあって、ユーチューブなんかでリンクを辿っていくと大体自分の趣味に合うジャンルが絞られて来るのだ。ビデオクリップやライブ映像見てると、最初は刺青入れてダボダボズボンにフードを頭に被ってでっかいドーベルマン連れたスキンヘッドで、銃とか隠し持ってそうないかついお兄ちゃんとかがゲットーみたいな街角で歌ってる感じだったのが自分の好みの音をたどってっていくに連れジャケットはバカみたいなふざけた絵になってくし、歌ってる人が喧嘩弱そうなヒョロヒョロで女とかに絶対モテないであろう運動神経ゼロみたいなお兄ちゃんになってくし、困ったことに大体その辺の音が僕のストライクゾーンだったりするから困る。類は友を呼ぶっつー事でしょうか。


by miita06 | 2017-07-06 12:12

うんこ

今更ですがブログの題がうんこの時は練習イラストUP回だと思ってください。
e0147221_14010533.jpg


by miita06 | 2017-07-05 15:45