がー助君の日記


by miita06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

親父とアニメ

うちの親父は今年で93歳で、元気だ。
親父は戦前生まれで、兵役にもついてる。こういう人間というのは今となっては貴重
な人材だ。その当時の話をリアルに体験した者から聞く事は希だからだ。
実際当時の話は無茶苦茶なエピソードードが多いので、比較すれば色々ときな臭い話
題やニュースが多い昨今だと言っても昔に比べればやはりなんぼかは豊かで平和な
時代なんだと実感する。
なんの因果か親父とアニメにはちょっとした因縁があって、例えば高畑監督の「蛍の
墓」の舞台となった神戸は親父が戦中戦後と暮らした街で、リアルタイムであの世界
を体験している。テレビでやってたんで興味本位で親父に「蛍の墓」を見せてみた
事があったが、親父はなぜか憤慨して途中で見るのをやめてしまった。
理由を聞くとレイアウトがあまりにもリアルで戦中戦後の嫌な記憶が蘇ってきて不快
になったからだそうだ。「蛍の墓」がいかに当時の世相や情景をよく取材して描いて
いるのかをうかがい知る事が出来た。
また「この世界の片隅に」の舞台になった呉の街と軍港もまた親父が兵役についた時
に配属された場所で、ドックに入っている戦艦大和も目撃しているし、そこで
終戦を迎えている。まさにこの作品もまたリアルタイムで親父が体験してる世界の
話だ。「この世界の片隅に」も親父に見せて感想を聞いてみたいところだが、
近頃はボケてきちゃってあまりうまく会話が通じないので少々残念なところだ。
親父の昔話は本当に面白いので僕も忘れないよう今のうちにブログとかで書いて
残しておけないかなとか思っている。


# by miita06 | 2017-11-25 14:19

日曜日VR元年

お久しぶりです。なんかもう全然ブログ書くこと思いつきませんです。

ソーシャルメディアの新陳代謝は旺盛で、今やブログなんてもんは全世代の遺物と
化してますね。あと2ちゃんねるも。閑古鳥鳴いてるものあの板。ブログや2chなど
に固執して取り残されてる人達はおっさんが多いように思う。年寄りはいつも
置いてけぼりだ。
このブログが滞り気味なのも単に僕がしょーもない人生を送ってるからだけでなく、
ブログがオワコン化していってる世間の荒波を本能的に嗅ぎ取っているからかも
知れない。
今後はVRが台頭するんでしょうけどソーシャルイニシエーションデバイスとしては
結構難関なんじゃないかと思います。
機能を知っているだけでは意味がなく、生活に密着し、応用しなければ使いこなし
てるとは言い難い。つまりわかりやすく言うと、目安としては、VRでオナニー出
来るかどうかという事です。
VRというデバイスは現在のところどのように使うのかまだ明確な定義がされて
おらず業者は試行錯誤中のようだ。多くの人は3D的な使い方を想像してるんだろ
うけど、僕の考える使用法は3D活用より前にデスクトップの代用に使われる
んじゃないかと思う訳です。
3Dメガネを装着するとメガネには使用者の視界と同じ映像が反映される。つまり、
この段階では普通の度なしメガネと同じ状態になります。ここにバーチャルのデス
クトップがオーバーラップされて手元のキーボードで、あるいは画面タッチで既存
のPCのように操作する。
こうする事でモニターを置く必要がなくなる。モニターはバーチャルなので画面の
大きさを自在にコントロール出来る。デスクトップを他人に横から覗かれない。
実際の風景上に濃度やサイズをコントロール出来る半透明のモニターで見てるので
周囲の安全を確認出来る。各自がVRメガネを装着すればデスクトップを共有可能。
当然この場合バーチャルデスクトップは定位置の空間や壁などに固定する事も
可能だし、各自が好きな位置に置く事も可能。
こういう機能であれば、電車の中とか喫茶店など公共の場所で人目をはばかる事
なく映画館並みの巨大な画面でエロ動画を観る事も可能だし、4畳半のアパート
でも布団に寝っ転がって天井をスクリーンにしてエロ動画を見ながらおナニーが
出来るし、お母さんが急に部屋に入ってきても画面を消すためにリモコンのス
イッチを切ったりマウスをクリックする面倒臭い作業などしなくてもおちんちん
さえズボンにしまってしまえばオナニーしてた事はバレない。あとは「YOUTU
BEでカワウソの動画を見てたんだ!」と言い張ればいいだけだ。空気読めないお
母さんだと「見せなさい!」とか言ってVRメガネを取り上げたりするだろうが、
一度外すと自動的に画面がダウンするする機能なんかもちゃんとついているか
ら安心だ。
今後はVRに特化した3Dバーチャルエロ動画も制作されるだろうが、今まで集
めてきたお気にのエロ動画も簡単には手放せないだろう。そう言った動画なども
このシステムなら長く視聴する事も可能だし、VR入門的には良いのではないで
しょうか。まずはこの辺から慣れていこうかなと思っております。
いきなりバーチャルAV女優とかバーチャルデリヘルとか無理だと思うんで。
昼間からなんの話しとるんだ。


# by miita06 | 2017-11-12 13:18

仕事

e0147221_22341915.jpg

# by miita06 | 2017-10-24 22:34

仕事

全然更新しておりません。
e0147221_15470971.jpg



# by miita06 | 2017-10-19 19:27

爆買い

薬局で買い物。いっぱい客がいたが殆どが中国人だった。色々中国当局の規制処置によって爆買いは下火になったと聞いていたが、未だ薬局と電気屋には中国人がたくさんいる。
何買ってんのか見てたら湿布とか絆創膏とかを物色していた。あんなもん中国にだって売ってるだろうに、やはり日本製がいいのか。わざわざ日本に来て買わなきゃいかんほど中国製は質が悪いんだろうか。中国の製造会社にとっては日本製の絆創膏の品質を保つことはメイドインアビスの遺物レベルにオーバーテクノロジーな領域なのだろうか。
中国人のおじさんとおばさんが化粧品の棚の前でスマフォを見ながら言い争っている。スマフォの画面には商品の写メ、それと棚にある商品を見比べて、同じ品なのかどうか議論しているらしい。確かにスマフォの商品と棚の商品のパッケージはそっくりなのだが微妙に違う。同じ商品だがパッケージデザインをマイナーチェンジしたのかもしれない。おじさんは棚の商品を手にとって裏面の説明を見たりするが、日本語なのでよくわからないらしい。仕方がないので店員に聞きに行くのだが、レジにいる店員は同じように爆買いに来てる中国人が大行列を作っていて、その行列の最後尾に並ぶしかない。
きっと中国人のおじさんとおばさんは娘さんにでも買い物を頼まれたのだろう。彼らが若い女性の化粧品などに詳しいわけがなく、下手に違う商品を買ってった日には「これじゃねえよバカ!」とか「じじい使えねえ〜〜」とか言われるんだろうから大変だ。
そういえば僕も高校の修学旅行で東京に来た時、先輩や後輩にいろんなモノを買って来てくれと頼まれて、原宿や渋谷の店を駆けずり回って自由時間の殆どを買い物に費やした記憶がある。

# by miita06 | 2017-09-13 15:21