がー助君の日記


by miita06
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

裸族

お久しぶりです。
落書きいっぱい描いてるんですが、なぜか途中でヤメてばかりで中々ブログに挙げれないので今回は何か文章書こうと思います。

先日「何者」という映画をレンタルで観ました。監督脚本が「恋の渦」の脚本の人だそうで、「恋の渦」が面白かったのを思い出したんで、借りて来て観た次第です。ビデオ屋でいくら探しても見つからないんで店員に聞いて、探してもらったら、普通に面出しでずらりと大量に並んでいた。僕はてっきり小作品で1本くらい適当にひっそり置いてあるもんだと思ってたんで全然見えてなかったです。思い込みって怖いなと。。
内容は前作同様大変面白かったです。というか身につまされる嫌な感覚がして最高でした。僕は物語の要点を劇中でキャラに言葉で語らせてしまう手法はチープになりがちなので好きではありませんが本作では効果的だったと思います。そういう所からもこの作家さんの実力の程が伺えます。
前作の恋の渦は創作者とは全く違うタイプの人たちを描いているにもかかわらず、これまた身につまされるイヤな思いをさせられたんで、単に本作が創作者に焦点を当てているから僕のような人間には響いたというだけではなく、普遍的、一般的な観点からも十分楽しめる構造になっているのだと思いました。
あとなんだかん言っても原作朝井リョウさんていうのも大きいのかな。

先日ファミレスで仕事してて、少し離れたところの席で騒いでる奴らの声がうるさいので顔を上げて観てみると、ギャル風の女が4人座っていた。そのうち一番奥に座ってる女が全裸だったのでびっくりした。
と言っても僕の席からだと全裸の女の手前に立てて置いてあるメニューとかが障害物になって見えてるのは胸から上だけだ。僕は本能的にオッッパイを見ようとして立ち上がってみると、なんの事はない、女は肩紐のない胴巻きみたいな服を着てるだけで全裸ではなかった。後で知った事だが女が来てたような肩紐がなくて胴巻きみたいな服をチューブトップと言うらしい。後ブラジャーみたいにおっぱいだけを覆っている服をベアトップ、肩紐があるのをキャミソールで、僕はこれら全てノースリーブと呼んでいたが、ノースリーブは単に肩がない服の事で、それらの中にはたくさんの種類の呼称があると言うのを今日初めて知った。漫画やイラストではいろんなエロい服とか散々描いてるのに全然知らないんだよね自分。
しかし僕の席から座って観てるとチューブトップを着てる女はどう観ても全裸にしか見えなかった。その女は全裸のくせに堂々と席に座り、ゲラゲラ笑い転げたりビール飲んだりスマホで写メしたり猿みたいにパンパン手を叩いたりしてるのはとても奇異な光景だ。この女がこう言った人工的な環境で全裸でいるからおかしいのかと言うと、多分そうじゃないと思う。たとえジャングルみたいな大自然の中にいたとしてもやはり変に見えると思う。だいたい人間の全裸はおかしい。頭部と股間にしか毛が生えてなくて、あとは肌色の皮膚で覆われてて鈍臭い2足歩行なんて普通じゃない。他の動物から見てもきっと異質なものに見えるはずだ。人間は服を覆って完結する。つまり人間は道具を駆使して初めて自然や環境に順応する。牙を持たないトラは狩りが出来ない。カモフラージュ柄じゃないシマウマは生き残れない。道具を持たない人間は弱い。確かにアマゾンとかには裸族みたいな奴もいるが紐パンとかふんどしくらいはしているし、槍とか道具は持っている。手ぶらじゃない。服は道具だから彼らも服を着てるのと同じ事だ。2足歩行も道具を持つ事で肯定される。人間は服を着て道具を使って初めて自然と対等になる。自然と対等じゃない動物は不自然なので駆逐される。パンダ以外。だから人間は服を着てるのが一番自然に見えるのだ。
それにしてもあの女、、どう観ても裸にしか見えん。

# by miita06 | 2017-09-02 12:53

NHKの取り立て

テレビなんか全く見てないけど僕はNHKに金払ってます。殆ど強制的にですが。先日新しく引っ越したマンションにNHKの集金が来て、住所移転の手続きをさせられた。おまけに当マンションはパラボーラアンテナがデフォで設置されてるのでBS料金も今後は追加するといわれた。うちはBS映らないと言うと、そんな事はない配線を変えれば映るから確かめてみろと言われて、テレビの裏側の配線を変えて見たらBSが観れる事がわかった。だけどBS観るたんびに配線変えるのが面倒だと言うと、2股になってるケーブルがあるからそいつを繋げばいちいち配線変える必要ないと言うので、じゃあその2股の配線くれよと言うと、自分で買えと言われた。フザケンナよ全く。結局家賃が上乗せさせられたようなもんだ。確かにNHKのドキュメンタリーやBSの映画は観たいと思うのはある。しかしクソ忙しい労働者にとってはいちいち調べて録画したり、その時間帯に鎮座して鑑賞する余裕などない。オンデマンドみたいにいつでも視聴出来るシステムにしてほしい。国営放送なんだからもうちょっと国民のこと考えたシステム作れと言いたい。金ばっかがむしゃらに集めてばかりいないでさ。
# by miita06 | 2017-08-19 11:00

仕事

顔一生懸命描いてあと適当。
e0147221_17251960.jpg



# by miita06 | 2017-08-11 18:01

仕事

忙しいよ〜。忙しいよ〜。
e0147221_11340083.jpg



# by miita06 | 2017-08-08 00:54

夏祭り

夕方までに原稿を完成させて編集にデータ送信。そのまま床屋行って、ついでに何か食べようと思って繁華街にいく。週末とは言えやたらと人が多いなと思ってたら夏祭りだった。
いつもはいろんな飲食店があるような気がしてたんだが、いざ店を探すとなかなか見つからない。チェーン店とかファーストフフード店ばっかだ。おまけに祭りなもんで、やっと店見つけても入店すると客がすごくて席が空いてない。しょうがないんで普段行かない遠くの商店街まで足を伸ばす。そうこうしてたら人ゴミはますます凄くなって動こうにも動けず周囲は人垣でよく見えず自分が一体どこにいるのかすらわからなくなってしまった。商店街を出ようと思って適当に歩いてたら腹は減るし暑くて汗まみれになるわうるせーわ、すっ転んだガキが僕の膝で頭強打して泣き叫ぶわ、路上に座り込んでパンツ丸出しでトウモロコシ食ってるギャルはいるわで結局1時間くらいうろうろしても出口は見つからず力尽きてしまった。恥を忍んで交通整理してるおじさんに道を聞くと、何の事はない一つ道を曲がると出口だった。
繁華街を抜けたところにある餃子屋に入る。そこも満員だったが狭〜いカウンターが空いてたんで何とか席が確保出来た。予定にはなかったが疲れたんで取り敢えず餃子とピータンを肴にビールを一杯。餃子は2人前頼んだだけど散々待たされて出て来たのは1人前だけだった。文句言おうと思ったけど1人前食ったら腹いっぱいになったから、まあいいやと思ってたら、帰り際になってからもう1人前出て来た。もう食えねーよ。しょうがないんで包んでもらって店を出る。
まだ時間も早いんで仕事しようと思って喫茶店に入る。2時間くらいやってたらホタルの光が流れて来たんで店を出る。そうか週末は閉店時間が早いんだな。外出てから餃子を店におき忘れてたのに気づいて慌てて店に戻る。もう看板の電気も消えてて入り口も鍵がかかっていた。戸を叩いてたら店の人が出て来て僕の顔を見るなり「ああ、餃子ね」と言って餃子を持って来てくれた。帰り道にあるビデオ屋寄って百日紅ってアニメ借りて帰宅。
家でビデオ見ながら餃子を肴に酒。今日は疲れたぜ。


# by miita06 | 2017-08-06 12:53