カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

桜の木の下には

昔とある拳法の道場で寝技の練習をした事がある。
ペアをくんでお互いに技を掛け合うのだ。
掛ける方が下になって相手の腕をとって股の間に
顔を挟んで締め上げる、いわゆる三角締め
という技だ。
僕の相手は若い女の子で僕の頭部を彼女が股の間に
挟んでぎゅうぎゅう締めるんだ。
彼女はおまんこを僕の顔面にぐりぐり押し付けながら
「どうですか?効いてますか?」と聞いてくる。
「あ、もっと強くしめてください。もっともっと
ああ、そうです。もっとつよく〜〜」とアドバイス
「こうですか?こんな感じですか〜」
「もうちょっと もうちょっと締め付けてください
ああ、いい感じです。きいてきました〜もっと〜」
何なんだこのシチュエーションは。耐えられん。
彼女はヘタクソで力もないので技は全然きかなかったが
いたたまれなくなってタップ(まいった)してしまった。

先週末吉祥寺で呑んだ。
丁度桜が咲き始めたというので井の頭公園に
花見にきたパンピー共でごったがえしていた。
10軒飲みやを廻ってどこも満席。
やになちゃった。
どうでもいいチェーン店でやっと席がとれた。
こんな店なら家の近所にもあるわ。吉祥寺きた
意味ねえ。桜の木の下には死体が埋まってるんだ。
by miita06 | 2013-03-26 13:31