カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

エロシーン

以前打ち合わせをした時に担当さんに告白されて驚いた事がある。僕が「僕はあまりエロ描写が得意じゃないんです」というと、担当さんは「そんな事ないですよ。僕は若い頃松本さんのエロシーンで何回もオナニーしてましたもん」と言われてびっくりしたのだ。よくあんなんでオナニー出来るなと。人によっては僕の漫画で抜くやつもいるのかと信じられない気持ちだ。
先日とある文筆家の方と飲み屋でご一緒したのだが、彼から「やっぱりエロシーン描く時は勃起してるんですか?」と質問をされた。この問は結構一般の人でも興味ある人は多いんじゃないだろうか。よくエロ漫画家が若い頃女の裸を自分で描いて、それをおかずにオナニーしたなんて話はよく聞く。確かに人物の怒りの表情を描く時は僕も感情を込めて描くので、描いてる時ふと机の前の鏡を見ると、自分もキャラと同じように怒りの表情になってたるする。しかしエロを描く際は違う。僕は全く勃起などしない。むしろエロを描く時は一発抜いてから作業に取りかかたりする。そう言った感情はむしろ邪魔。エロシーンは見せ場でもあるわけだから、普段の作業より集中力と冷静さがいるからだと思う。客観的な視点を優先しないとうまくいかない。
いくらエロくて綺麗な女性を描いていても感情的には自分の娘のお見合い写真の撮影をしているような気持ちに近い。むだ毛の剃り残しはないか、化粧はちゃんとしているか、照明は適度なのか、この写真で見合い相手(読者)に気にいってもらえるだろうか。そう言った気配りでいっぱいいっぱい。とても勃起してる余裕などないのである。
よく考えてみたら、こういう感覚はエロシーンだけではないような氣がする。バイオレンスシーンでもなんでもシーンが盛り上がれば盛り上がるほど僕的は冷静になって、無感覚になっていく傾向があると思う。よく自分の描いたモノを後から読み返すとノリが随分とアシッドな作品が多いのはこいつが原因だろうか。別に意図してやってるわけではないんだが多分僕の生来の性格なんだろうな。結婚式とか葬式とかスポーツ観戦とか皆が盛り上がるとそれに比例してダウナーになって気分が落ち込んだり、その場に居たくなくなるのと関係しているのかも。
他の作家さんはどうなんだろうか。
by miita06 | 2016-04-15 13:32