カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

満喫

今日は原稿が早く出来たんで夜からお出かけ。駅前の寿司屋で夕食、それから漫画喫茶で読書しました。
寿司屋は回転してない寿司屋だけど、時価とか値段が表示されてない程立派ではなくて、一応皿の色で値段が分かる仕組みになってる程度の店です。それ以上立派な店でも僕のような幼稚な人間の舌では同じようなクオリティの味にしか感じないし、値段的にもこの辺りが中産階級身分には妥当な贅沢ではないでしょうか。幾つかネタを注文した後に1皿につき2カン乗ってることに気づいた。なので当初の予定より2倍の寿司を食う羽目になって腹がパンパンになりました。
満喫に行くにあたり、前々から読んでおこうと思った作品をメモしておいたのですが、半分くらい置いてませんでした。当然のように僕の新作も置いてありません。ある作品については店に設置してあるパソデバイスで検索すると、表示はされるものの本棚を探しても見当たらないので店員に聞いてみると、予定では入荷されているはずなのだが、角川出版の作品については意図的に出版社が入荷を遅らせたりするそうで、こういう手違いが起きるらしい。意図的に遅らせるってのはどういう意図なのかよくわからない。角川は新刊をすぐに満喫に置くと本屋の売り上げに影響すると思っているからでしょうか。入荷次第連絡するので連絡先を教えてくださいと言われる。う〜んそこまでして満喫でその漫画を読みたいわけではないのだが、取り敢えず携帯の番号をメモして店員に渡す。
因みに今回も新刊や話題作なんかの1巻だけを片っ端から読破。今回のベストワンは「僕たちがやりました」です。めちゃくちゃ面白かったです。1巻のラストは腹抱えて笑いました。映画業界はビリギャルとか映画化してないでこれを映画化してください。

この歳になってと言うかこの歳になってからなのかよくわからないけど、己の漫画の趣味というのが何となくわかってきた気がする。どうも異世界モノファンタジーはダメらしい。多分僕がゲームにはまらなかった事と関係してるような気がする。あと謎の侵略者が突然やってきて地球を滅亡させて残された人類がオーバーテクノロジーとか使って戦うやつ。この雛形は随分昔からあるので、ネタ的に出尽くした感があるんだろうか。「またか」という冷めた感覚が先行してしまって作品ののめり込めない。昔は嫌いじゃなかったと思うんだけど何ででしょうか。あまり惹かれない。
あと満喫の空気の悪さを何とかしてほしい。あそこいると体調悪くなる。

by miita06 | 2016-12-11 13:07