カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:未分類( 667 )

さて2年ぶりの一人ライザップです。
結果から申しますと目標の体脂肪数値を達成出来なかったので「減量失敗」という事になります。残念です。
本来なら2ヶ月頑張り、仕上げにもう一月、計3ヶ月で頑張る予定でしたが、思うように脂肪が減らず、結局4ヶ月減量を敢行致しました。最後の一月はケトジェニックを導入。ケトジェニックとは極端な炭水化物ダイエットの事ですが、これをやったお陰で大幅に筋肉が減少するいわゆるカタボリック状態に陥り、コツコツつけた筋肉がみるみる減って行くので、虚しくなって減量終了という運びになりました。
てなわけで結果には全く納得いっておりませんが、自責の念を込めてビフォーアフターをUPいたします。因みに前回は1ヶ月ごとの経過をUPしておりましたが、大した成果でもないので今回は開始前と開始後のみです。

開始前
e0147221_12225438.jpg
ボヨヨ〜〜ン



終了時
e0147221_12223242.jpg
こんな感じでございます。

ちなみにこれが前回の終了時

e0147221_13252503.jpg
明らかに前回と比べて今回は身体にキレがないです。ダイエットならいいのですが、減量と称するならこれではダメだと勝手に思っております。

それにしても開始前のデブ具合は清々しい。完全におっさん体系ですわ。これで体脂肪は23パーくらいです。とにかく筋量あげる為にがむしゃらに食べてた増量プロテイン飲みまくった結果です。終了時は体脂肪12〜14くらいです。




減量経緯

今回は1月目はかなりカロリーとPFC(タンパク質、脂質、炭水化物)バランスを計算して食事管理をしていましたが、10日ごとに1キロ減というノルマをクリア出来ず、2ヶ月目くらいからはもうひたすら少食を心がけ、チートデイだけを心の拠り所に頑張りました。人間の身体はなかなか計算通りにはいかないものですね。
3ヶ月目以降は予定通りの体重減を達成出来ましたが、それでも前回ほどの成果は上がりませんでした。



失敗要因

さて失敗した要因ですが、前回の写メを引っ張り出してき、今回の写メと見比べて気付いた事があります。問題は終了時ではなく、開始前の写メの比較です。


一昨年の開始前

e0147221_12432079.jpg

今回の開始前

e0147221_12225438.jpg

一目瞭然今年の開始前の体型の方が明らかにデブですね。減量開始時の体脂肪率が全然違うわけです。これでは同じ期間同じように減量してても同じ結果は得られません。なのでかなりきつい食事制限が必要になります。無茶な減量をするほど比例して筋肉も減少してしまうのでせっかく筋トレしてつけた筋肉も意味がなくなってしまうという事です。


総括

減量してない期間に闇雲に体重増やしたのが問題。つまるところ減量期でない期間も一定のカロリーコントロールは必要だなと。なので定期的に月ごと、週ごとに軽くダイエットをするのも手かもしれません。ただ僕はラーメンも牛丼もカレーも焼肉も大好きなので、それらを食う事は絶対やめません。
年がら年中カロリーを気にして怯えながら飯を食うのは馬鹿らしい。俳優のマット・デイモンも「仕事とは言えマッチョな身体作りをするるために美味い飯を我慢するのは愚かだ。人生は楽しむ為にあるんだぞ!」と仰っていましたが、全く同感です。









by miita06 | 2018-06-19 13:28

お仕事

色々と変だけどこの辺で終了
e0147221_12520396.jpg



by miita06 | 2018-05-21 18:51

記憶

うちのパパンは90オーバーでアルツハイマーも進行してるんで昔の事は殆ど覚えてないし、事実とは違う事をのたまったりする。人間長く生きてると記憶というものはかなり曖昧になるらしい。かくいう僕も50手前にして既にもう過去の記憶がかなり怪しい。いつも適当な事ばかり言ってる僕の言動はますます信用できなくなってきている。

10年以上前の記憶。スポーツジムでの出来事。トレーニングを終えて混雑する更衣室で僕はプロテインを飲もうとしていた。(筋トレ界では筋トレ直後をゴールデンタイムと呼称していて、トレーニング後すぐにプロテインを摂取すると効率よく筋肉を肥大化出来るという考えがあるのだ。)
溶けやすいようにお湯でプロテインを割ってからシェイクして飲む。しかしダマにならないよう激しくシェイクしていたら熱と撹拌の作用で急激に空気が膨張し、その爆発力でシェイカーの蓋が吹っ飛んで中のプロテインが更衣室中に飛び散ってしまった。僕及び周囲で着替えていた複数の半裸のマッチョマンがプロテインまみれになってしまって偉い迷惑をかけてしまったのだ。これ結構トラウマで鮮明に記憶に残っている。
そしてそれを見ていた友人のS君は腹を抱えて笑い転げていた。S君は普段からニヒルで人を見下してるような性格なので、この時もそんな態度だったようだ。とにかく彼のその態度には本当に腹が立ってこれまた今でも鮮明に記憶に残っている。
しかしよく考えてみると、S君は筋トレなんかしないし、僕の通うジムの更衣室にいるわけがないのだ。故にこの記憶は改ざんされている可能性が高い。
プロテインシェイカーが爆発したのは事実。マッチョマンたちに迷惑をかけたのも事実。プロテインシェイカーが爆発したのをS君が笑ったのも事実。
違うのはこの3つの事象の組み合わせが間違っているという事だ。
S君が笑ったのが事実だとすると、シェイカーが爆発したのはジムではなく、僕の自宅で爆発したのだと思う。もしそうなら僕の自宅にいるはずのないマッチョマン達に迷惑かけた事は事実ではない。
マッチョマン達に迷惑をかけたのが事実なら爆発したのはジムの更衣室での出来事という事になってS君の存在は消える。
あるいはシェイカーが爆発したのは2回あって、
自宅でシェイカーが爆発してS君が笑った。
ジムの更衣室で爆発してマッチョマン達に迷惑をかけた。
というように2つの事象があって、それを混同して記憶している。
う〜ん多分最後に示唆した混同している可能性が高いんじゃなかろうかと推測する。S君とは疎遠になって連絡取れないし確認のしようがない。
他にどういう可能性があるだろうか。
記憶とは曖昧なものだとつくづく思う。

by miita06 | 2018-04-10 12:30

仕事

ほったらかしにしてた落書き。
e0147221_23595307.jpg

by miita06 | 2018-02-21 00:00
筋トレの前に飲むc4というアミノ酸系のサプリメントがあるんですが、効果は集中して筋トレが出来、パンプアップを感じやすくなるんだそうです。
具体的には、服用すると身体中が熱くなってきて指先などの末端がピリピリ痺れがくるそうです。個人差があるようで、僕の場合はあまり痺れる感覚はありませんが身体が火照ってきて、動悸が早くなる感覚がします。要は血管が拡張して血流が早くなるのだそうで、これは初恋した時、小さな胸がときめいて頬を赤らめる女子中学生の身体に起きる生理的な現象と同じなわけです。
つまり僕はc4を服用してトレーニングの準備をしている時は常に女子中学生の初恋な気分なわけです。筋トレの時はいつも胸ときめいているわけです。
あとc4の副次的な効果としてはやたらと便意を催す事です。ほとんどの場合ウンコをしてしまいます。最近ではお腹がモヤモヤしてトイレに行こうかどうしようかわかんない状態な時はc4を飲むようにしています。そうすると便意が加速して爽快に脱糞することが出来ます。
何が言いたいかというと女子中学生は初恋して胸がときめくときっとウンコもしたくなるはずだという事です。しかし少女漫画とかではそう言った描写がないので不思議ですね。便秘気味の女の子とかは恋をすると多少は便秘が治るかもしれません。思わず初恋して胸がときめいた女の子は迷わずトイレ行ってウンコしてからゴールドジムでベンチプレスとかハイバースクワットやればパンプアップしますし、血液が筋肉に動員されて脳みそが酸欠になって頭バカになって恋のモヤモヤは一時的に解消されてスッキリするのでぜひ試して見て欲しいです。

by miita06 | 2018-01-20 14:17
久しぶりのキャラを立てるとは?コーナーで〜す。

映画アラビアのロレンスの前半の見せ場アカバ攻略戦においてロレンス率いるアラブ
連合軍は要塞の背後を突くため広大な砂漠を横断します。進軍する隊列をカメラが
横から撮影する場合隊列の向かって左側面からしか撮影しません。これを画面にす
ると隊列は必ず左から右にしか動きません。この演出によって観客は隊列が常にある
一方向に進み続けてるように見て取れるわけです。この演出方法は有名な話ですが、
漫画においても同じ効果を得ることが出来ルようです。
ようですってなんか他人事のように言ってますが、それは僕が20年近く漫画描い
てきて先日ファミレスでの打ち合わせの時担当さんに指摘されるまで全くこの演出
方法を気にしたことがなかったからです。
僕はそういう事を気にせずキャラがある一方向に走っている場面でもカットを右側から
左側から描いていたので、担当さんからするとキャラが前進してるように見えず、
違和感を覚えたのです。僕は言われてみるとそうかなとは思うんですが、むしろ
キャラが前進中常にカットを一定方向側から描くと全体の画面が単調になって見栄え
が悪くなるんじゃないかという事の方が気になってしまうんです。
担当さんと僕の、この感覚の違いは何かというと、漫画を読むときの読者のお約束、
ルールのインプットの仕方の違いではないかと思いました。
漫画は記号の集合体ですから、その記号の意味するところを読者が読解することを
要求されます。しかもその記号は多面的ではなく、多くの読者が共有できる認識の
ものである方がこのましい。逆にこれは文学や映画より漫画が稚拙だとか浅いとか
言われる要因のひとつになっているのかもしれません。まあ一長一短という事です。
今回の場合、判断としては担当さんの言っている事の方が正しいと思います。
わかりやすさより画面へのこだわりを優先させているのは創作してる側のこだわり
であって、読者側の立場に立っている意見ではないからです。
今回はもうひとつキャラが進行する描写において、漫画ならではの大事なお約束
を学びました。
キャラが進行する場合は常に右から左へ進まなくてはいけないそうです。
理由は読者が漫画を読むときは必ずページを右から左へ読み進めていくからです。
右から左へキャラが動く方が右から左へ目線を移動させる読者にはスムーズにキャラ
が進んでいるように感じられるからという理由です。
左から右にキャラが進むと読者が読み進む方向と逆になるのでキャラが「戻っている」
ような感覚が起こるらしいです。
のび太がちんたら登校してるシーンとかはそれほど気にしなくていいんだけど、
お姫様が悪漢に捕まってチンコ突っ込まれそうになってるのを助けにいく緊迫シーン
ではこういうお約束をしっかり守って描く事は大事な事だと思います。
今更なに言ってんだおっさんと思われる方もいらっしゃるでしょうが、僕はこんだ
け長い事漫画描いていて、今まで誰からも指摘されなかったのです。どういう訳でし
ょうか。よくわかりません。勉強勉強。


by miita06 | 2017-12-19 11:50

日曜日

ネタがないんで慌てて描く。
e0147221_16013359.jpg



by miita06 | 2017-12-17 19:07

仕事

行き当たりばったりで描くとこういう事になります。
e0147221_00555591.jpg




by miita06 | 2017-12-09 14:08

満喫

ネームに詰まったり、時間が空いた時なんかには満喫に行って漫画を読んでおります。
とりわけ近頃は普段読まないようなジャンル、例えば少年漫画とかヤンキー、任侠
漫画なんかも積極的に読んでおります。
僕の通う満喫は個室ではなくサウナのロビー見たいな空間もあって、そこだと大変
格安で使用出来るのでよく愛用しておりました。ただ、個室でなくてテレビもつけっぱ
なしなので神経質な人には向いていません。
何回か通うようになって気づいたんですが、ロビーにはいつも同じ人しかいません。
その人達はいつ行ってもいます。いなかったとしても夜くらいになるとヤって来て
11時くらいになると全員集合します。この人達はいつも満喫で夜を過ごすようです。
この人たちは我が家がない人達なんだと思います。この満喫のロビーは会員登録しな
くても利用出来るので住民票や身分証明書がなくても大丈夫なのです。
あとこの人達はあまり風呂に入らないのか臭いです。日中はいいのですが、夜メンバ
ー全員が満喫のロビーに帰宅すると皆の臭気が合体してロビーに蔓延するのでメチャ
クチャ臭いです。あまりの臭さに集中して漫画が読むことが出来なくなるので、諦め
て退散せざるおえません。なんであの人たちは風呂に入らないんでしょうか。僕もあ
まり風呂に入るのは好きじゃないんで、普通の人よりは汚いと思うんですが、そんな
僕から見ても彼らの汚れ具合は度し難いです。他人の目とかどうでもよくなっちゃって
んだと思います。
満喫のロビーで朝まで過ごすとしたら、パック料金で700円くらいだろうか。
格安とはいえ宿泊を毎日するとしたら一月で20000円くらいになる
計算なので、無収入では難しい。住民票がないと生活保護も貰えないから、彼らは
何かしらで収入を得ている事になるが、一体何してんでしょうね。日雇いの仕事とか
してるのだろうか。いつか聞いて見たいです。
そんなわけで次回から夜に満喫を利用する時は金をケチらずに個室で漫画を読むよう
にしようかと思っております。

by miita06 | 2017-12-04 11:56

親父とアニメ

うちの親父は今年で93歳で、元気だ。
親父は戦前生まれで、兵役にもついてる。こういう人間というのは今となっては貴重
な人材だ。その当時の話をリアルに体験した者から聞く事は希だからだ。
実際当時の話は無茶苦茶なエピソードードが多いので、比較すれば色々ときな臭い話
題やニュースが多い昨今だと言っても昔に比べればやはりなんぼかは豊かで平和な
時代なんだと実感する。
なんの因果か親父とアニメにはちょっとした因縁があって、例えば高畑監督の「蛍の
墓」の舞台となった神戸は親父が戦中戦後と暮らした街で、リアルタイムであの世界
を体験している。テレビでやってたんで興味本位で親父に「蛍の墓」を見せてみた
事があったが、親父はなぜか憤慨して途中で見るのをやめてしまった。
理由を聞くとレイアウトがあまりにもリアルで戦中戦後の嫌な記憶が蘇ってきて不快
になったからだそうだ。「蛍の墓」がいかに当時の世相や情景をよく取材して描いて
いるのかをうかがい知る事が出来た。
また「この世界の片隅に」の舞台になった呉の街と軍港もまた親父が兵役についた時
に配属された場所で、ドックに入っている戦艦大和も目撃しているし、そこで
終戦を迎えている。まさにこの作品もまたリアルタイムで親父が体験してる世界の
話だ。「この世界の片隅に」も親父に見せて感想を聞いてみたいところだが、
近頃はボケてきちゃってあまりうまく会話が通じないので少々残念なところだ。
親父の昔話は本当に面白いので僕も忘れないよう今のうちにブログとかで書いて
残しておけないかなとか思っている。


by miita06 | 2017-11-25 14:19